旅歌ダイアリー

「ナオト・インティライミ冒険記」との副題があるように、ファンクやラテン音楽を取り入れたJポップで知られるミュージシャン、ナオト・インティライミに密着したドキュメンタリー映画です。2013年に公開され好評を博し、2017年には第2弾も作られました。ナオト・インティライミの人間性に迫る内容で、彼の音楽が持つ「喜び」がどこから湧いて出ているのか、それが理解できる作品です。世界中の人と笑い、歌う彼の姿は、彼のファンだけでなく、彼を知らない人にも訴えかけるものがあります。

監督:石田雄介

監督は映画「モテキ」の編集を担当し、日本アカデミー賞優秀編集賞を受賞した石田雄介。テレビドラマやミュージックビデオなど、幅広いジャンルで活躍し、バラエティ番組の総合演出まで行った経験のある多彩な人物です。